FC2ブログ
topimage

2020-05

犬同士の挨拶 - 2010.05.06 Thu

本日はグレ家の坊ちゃまの少々痛いお話です。
話の内容が痛いだけに長文になります。
また若干ウンチクが入りますので必要のない方はスルーでお願いしますね。


昨日のイヌリンピックでの出来事なんですが、
早い話がハリ助のヤツが大型犬のほっぺにガブっとやってしまいました。
ね、 かなり痛い話でしょ。

DSCN1793-2.jpg


状況をお話しますと、
ワタシ一人が2頭のリードを持って会場内に立っていたときです。

正面からあるご夫婦がゴールデンを連れてやってきました。
どう見てもダルメシアン2頭に興味を持ってる様子で、
とてもフレンドリーなご夫婦に見えました。
笑顔ではありますが無言でズンズン近づいてきます(汗)  → これが一番困る!
ゴールデン自体もややイケイケっぽい感じ。

当然ワタシはまず自分が後ろに下がってコイと言って2頭を引き寄せました。
ハリ助はリードがオンの状態で見知らぬ犬に急接近されるのが苦手なんです。
しかし隣のグレ姉は挨拶したがりなので早くもスイッチオン。
そこでもう一度きつくコイと大きな声を掛けるワタシ。

でもご夫婦にはそれだけじゃワタシの気持ちは全く伝わらなかったようで、
ご主人がそのままゴールデンをズンズンと・・・・・。
ヤメテくださ~いと叫ぼうとしたんですが時既に遅し。
目も前に突き進んできた犬にハリ助が我慢できずにガブっとやってしまったわけです。

はい、自分でも分ってます。
一番いけなかったのは相手を完全に拒否できなかったワタシです。
ああいう “笑顔さん” は殆どの場合、 
その場の雰囲気を察することが出来ないのは百も承知だったのに。

しかし悪いのはやはりガブっとやったコチラなので丁寧に謝罪し、
ゴールデンに怪我がなかったか確認してもらいました。
奥様は別に大丈夫です~と笑顔のまま。
グレハリを交互になでなでして可愛がってくださいました。
なんと優しい方でしょう(涙)

ただね、 ご主人が去り際に仰った一言 「予想外の展開になったな~」 が気になってね。
だってワタシの中では予想内だったんだもの。
ご主人にとってはご自分の犬がフレンドリーなので、
全ての犬も同じようにフレンドリーに思えたんでしょうか?


DSCN1787-2.jpg


とりあえずハリ助の名誉のために記しますが、
ヤツは誰それ構わず向って行くわけじゃありません。
オフリードではいたって温和です。
挨拶も遊ぶのもそこそこ上手ですよ。
マウントは専らされる側ですることもありません。
こういった会場内ではピッタリと横について歩いてくれますし、
他の犬と至近距離で擦れ違うのも平気です。
知らない犬にオチリの匂いを嗅がれてもちょっとやそっとなら我慢できます。
苦手なことでもワタシが一緒だから我慢してくれてるのかな。

でも限界はあるんです。
なんてったって2才のビビリな若造ですから。
瞬間的にビビリがお調子者に変身したりもしますから!


DSCN1833-2.jpg


自分のことを棚にあげるようですが、
犬のイベント会場内ではマナーが悪い方が大勢いるのはなぜでしょうか?

フレキシリードをびろろ~んとしながら余所見して歩いてる人。
自分の犬がよその犬の匂いを執拗に嗅いでいても知らんぷりしてる人。
何が何でも挨拶させようとする人。
いろいろいますね。


DSCN1829-2.jpg


ここからはワタシの個人的考えになりますが、
そもそもオンリードでの犬同士の挨拶って必要ないと思うんです。

逃げ場のない狭い範囲で見知らぬ犬との接近を強いられるなんて。
ハリ助みたいなビビリ犬にとってはいい迷惑じゃないのかなあ?
それでもウチの子はヘタレだからって無理矢理押し付けてくる人もいますけど。


DSCN1828-2.jpg


でもねでもね実はね、 そういう自分はね、
恥ずかしながらグレ姉がパピーのときは
お散歩中の犬同士の挨拶って絶対に必要だと思っていたんです。
社会化の意味を完全に履き違えておりまして(恥)
(だから勘違いしてドッグランでも好き放題させていたのよね)

そのせいでグレ姉は今でも通りすがりの犬に興味津々。
挨拶や匂い嗅ぎの欲望は途絶えることはありません(涙)

今ではお散歩中での知らない犬との挨拶はさせず、
まして2頭引きの時は絶対と言っていいほどさせませんが、
どうしてもという場合は事情を話して1頭ずつかグレ姉のみで。


DSCN1826-2.jpg


まあ、 なんだか今日はずいぶん言い訳がましくなりましたね(笑)

とにかく世の中にはハリ助みたいなヤツもいるので、
どうしても挨拶させたい場合は必ず飼い主に一言声掛けて~!!
ってことです。

それって最低限のマナーでしょう?
まずは犬同士じゃなくって人間同士の挨拶の方が大切じゃないですかっ!!
違うかな~?


RSCN1845-2.jpg


いずれにせよ、
ハリ助にガブっとさせてしまったことはとても反省すべきことで、
相手のゴールデンにも申し訳ないことしました。

それにこんなことがあるとだからダルメシアンは・・・・、 って思われるし。
他のダルメシアンにも迷惑かけることになるよね。
今後気を付けたいと思います。


やや落ち込んでるグレママにポチっとな♪
にほんブログ村 犬ブログ ダルメシアンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 犬 多頭飼いへ
にほんブログ村

● COMMENT ●

その場にいましたが……

私が気がついたときにはゴールデンさんが目の前にいて、ハリー君が"がうっ!"ってやっちゃってるところでした。

その後怒らず、むしろフレンドリーにグレハリに接していたゴールデンのママですが、
"怖いから近くに寄らないで!"ってガウって意思表示したワンコを
直後に有無をいわさず撫でまくるってそれはそれでどうだろう?
って、頭の中には???マークが灯ってましたよ……

おとなしくなでなでされてたハリー君、むしろ偉かったと思います。
グレママさん、落ち込まないでねー

あらあらハリー可哀相に。怖かったんだね。
門も挨拶で失敗した口。挨拶がマナーだと思い込んでいたし、犬を飼い始めて楽しい自分が挨拶したかっただけなんだけどね。お陰様でガルガル門次郎が出来上がってしまった。挨拶なんて要らないって思ってたけど普段家の中ばかり居るプリンセス達には逆に必要なのよね。これは犬に突然遭遇したりした時にビビらない。でも全ての犬に挨拶フレンドリーにならなくて良いって思ってる。母がまず判断してる。もみじは挨拶大好きだけどまりもは嫌いだしね。
長々とコメントしてごめん。ハリーが門みたいにならないように…グレママが付いているから
大丈夫だね。

とても考えさせられました。

笑顔でズンズンって、恐いですねぇ。自分達が興味を持ってるから、もう周り(お互いのワンコ)の事が見えなくなってるんですね。

相手を完全に拒否できない。分かります。私もそうなんです。でも、何かあった時の為にやはりそれは必要なんですね。
私は知らない人が挨拶に来たがってる時、まずその方が連れているワンコを見るようにしています。明らかに興奮気味な時は、飼い主さんだけに挨拶して、すぐ去ろうとしますが、それでも近づいてくる人は来ます(汗)
特に、うちはオタマ付いてるから気をつけないと(苦笑)

最低限のマナーをワンコを飼ってる方、みんな分かってくれないと、可哀想なのはワンコ達ですもんね。

私もそういったイヌのイベントは苦手です。
請け負ってるイベント会社が金・集客のことしか考えていないので、会場でのマナー等は頭に無いのです。
あえて言えば次回以降会場が使えなくならないように、排泄等会場を汚す行為を気にするぐらいで。
あとは「飼い主の責任で」という都合の良い言葉で済ませているんですよね…
我が家では、その類いのイベントは「いかない」or「イヌを連れてかない」の二択です。(笑)

>小雪ママさん

ありがとう。
隣にいてびっくりしたでしょ?

とにかく自分の犬をちゃんと守れないのは飼い主失格です。
その都度早めに相手に断ればいいのですが、
私もついつい相手の様子を伺ってしまって。

自分の犬のために良い人ぶっていてはいけませんね(汗)

それにあの時のハリ助はイケイケグレ姉が側にいたせいもあって、
ビビリ犬から生意気小僧に変身しかけていたんですよ~!
全く飼い主が飼い主なら犬も犬です(呆)
しばらく飼い主の私は反省しとかなくっちゃ!

今日はGW明けで、仕事がとっても忙しいのだけれど、朝にこれを
読んだら、居ても立ってもコメントせずにはいられなくて、こっそり?
こうやって書いている私・・・苦笑

はいはい!

中には無神経な飼い主さんっているから、グレママの気持ちが
とってもよく分かる一方で、シエルがフラフラと寄っていったこともあり、
両方経験ありーのの、シエルはハリ助に咬まれて、鼻血出したことも
ありーのの我が家です。笑

初めてお会いする犬に対しては、ジタンが♂ッ気が強いので、私自身
とっても用心深く対応します。

まずは、○○のあるなし股間をチェック!
分からなければ、その飼い主さんに聞く。

ところが、人間面白いもので、飼い主同士が前から知り合いだったり、
親しい場合、それとか自分の犬が犬類は皆兄弟!的な性格(シエル)
だった場合、これが緩む訳であります。

それに前回、シエルが鼻血を出した時は、確かキャンプから帰る最終日
だったっけ?

ハリ助とシエルが沢山遊んだとは言えないけれど、それでもお互いが
お初だった訳ではなかったので、私がハリ助にシエルを寄せたというよりは、
シエルがフラフラと寄っていった時に、カップと・・・笑

そうかと思えば、先日パパが2頭を連れていた時に、コーギーの♀を連れて
いる飼い主さんがジタン達にご自分の犬を寄せてきました。

すると我が家の♂共は、もう大騒ぎ!
これは、本当にいい迷惑!

だから、不快に思うこともあれば、私自身も失敗して、大いに反省する事もあるし・・・
と、正直色々です。

勿論、普段その辺で会った犬達に自分の犬を近づけるような真似は、決してしないわよ。
ただ、私自身がその飼い主さんなり、その犬を知っている場合は、そういう油断することも
ありうるってお話し。

我が家のシエルも、2頭目なせいか、ついつい私自身が甘く、結構自由にさせてるからな~
それと、どの子もやっぱり所詮動物だから、本能ってものがあるからね。
絶対!という言葉はないもの。
シエルだって、いつどういう行動にでないとも限らない。
気をつけないとだよね!

>門ままさん

門サマとってもフレンドリーですよ!
そして相手は飼い主が決める、それ同感!!
全てのワンコと仲良くするなんてムリのある話ですよね。
私だって全ての人間と仲良くしろだなんて言われてもムリムリ!

ハリ助の挨拶もお願いされて私が大丈夫だって思った子にはさせてます。
たいていそういう子は飼い主さんがしっかりしてますし、
お互いの様子をちゃんと見ていてくださいますからね。

私ってハリ助にはまだまだ頼りない飼い主なんです。
でも頑張らないとね!!

>アムスの世話係さん

アムスくん大丈夫ですよ。
オタマがついていても飼い主がしっかりしてれば問題なんて起こさないから。
世話係さんはいつも真剣にアムスくんのこと考えてますね。
それによく観察してる!
それが大事なんだと思います。

それにしてもダルメシアンは派手な外見だけに、
ほんとうに人が寄ってくるよね。
良くもあり悪くもありって感じ?
飼い主がちゃんとしてないと愛犬を可哀相な目にあわせちゃうから要注意!

と言いつつもついつい失敗を繰り返すダメな飼い主の私です。

>yatiさん

そうなんですよね。
イベント会社は排泄以外のマナーのことはまるでお構いなし。

うちの主人はyatiさんと同じ理由で犬イベントが大嫌いです。
今回は2頭とも走らせたいという私の我がままに付き合って嫌々来てくれました。
会場にいる間ずっとマナーの悪さや、企画のダメさに文句言ってましたけど(笑)

それでも何で私が時折イベントに行くかというと、
グレ姉の練習の為でもあるんです・・・・。
おいおい、今頃何の練習だよ~って思いますよね?

なんてったってグレ姉はすぐ興奮スイッチがオンになるんです。
たくさんの犬や人を見ると嬉しくて嬉しくって
私の言うことは耳に入らなくなります。
ロデオ犬に変身する、 これがずっと悩みでもありましたから。

なので未だにああいう場で人馬一体ならぬ人犬一体になる練習をしてるんです。
会場内では集中させるべくちょっぴりオビもやってみたり(笑)
そうなると私もテンション高めで褒め褒め攻撃で応戦するので、
周囲からしたらアブナイ人に違いないです(汗)

今回はさっさと会場を後にして海岸でのんびりランチするつもりだったのに。
なんだか後味が悪くなって大失敗でした。

>Kayさん

我が家の場合も、
フレンドリー過ぎるグレースとシャイなハリーのおかげで、
両方の飼い主の気持ちがよく分かります。
グレースしかいない時は誰だって挨拶OKとさえ思ってました(汗)

でもハリーがいる今ではシャイな子の気持ちがよく分かるし、
私はそういう子を尊重するようになりました。
フレンドリーな子の明るすぎるオーラさえ苦手な子も沢山いますしね。

う~ん、 でも今回のことは自分でもなんて大失敗してしまったんだと
かなりの自己嫌悪ですよ。
予測できたことを防げなかったのは大いに反省です。

ただ敢えて言うならば、
こういうことを身をもって体験して飼い主として成長するのかな?
そう前向きに考えないとハリーにも申し訳ないので。

元気だせーっ!

私なんて、失敗を上げたら切りないし、よそ様に頭を下げたこと
なんて数知れず・・・汗

でも、色々な失敗を通して、もっともっと自分の犬達の事が
わかるじゃない?

こればっかりは、家の中だけで飼っていたら、気がつかないことよ。

色々な場所へ連れて行って、色々なことに遭遇して初めて、こういった
時はこういう行動に出るんだな~とかって、学ぶんじゃない?

私なんて、知らない未虚勢の♂犬がジタンに近づこうものなら、
内心ハラハラだもん!

色々な経験や失敗は、やがて自分の血となり、肉となるって。

グレママは、いつも犬達と真剣に向き合っていて、若いのに本当に
偉い!と思ってるよ~!

訓練の時も言いましたしグレママもわかっていることですが、ハリーがガブする時って、それまでにハリーなりに我慢して我慢してもう限界!って時なんです。 悲しいかな、天真爛漫でフレンドリーな犬の飼い主さんは、シャイな犬の飼い主の苦労がわかっていません。 結局は“躾がなってない”“性格が悪い”なんて言われておしまいです。
だから、あの犬こっち来るな、って感じたらすぐに、グレママが一言『すみません、うちの子、犬がダメなんです~』と言って来させないようにしてハリーを守ってあげるしかないんですよ。 で、あとはハリーに心を向けて集中させて褒める!
頑張って~!

しかし・・・まったくマナーがなってない飼い主が多過ぎる! 犬連れみんながみんな、知らない犬が飼い主引っ張ってゼェゼェいいながら寄って来て嬉しいわけじゃないんだからねぇ!
困ったもんだ・・・


>Kayさん

あじがどーーーーっ(涙)

グレースに関してはフレンドリーすぎるあのハイパーさが
他人に迷惑を掛けてしまって何度も謝ってきました。
それなのに今度はハリーでも頭を下げて回るなんてね~。
笑い事じゃないけど笑ってしまうわよ。

元々相手が悪くても我慢できずに手を先に出した方が悪くなっちゃうからね。
気を付けなくっちゃ(汗)

私はまだまだ未熟者。
センパ~イ、これからも色々ご指導よろしくね~!!

>ミロロッチ♪さん

そうなんですーーーっ!!
以前に我慢の限界の話を聞いて以来、
ハリーには無理をさせないようにずっと気を配ってきました。
だって私にとっては可愛い息子なんだもん。

会場でもレースの受付・整理券配布・スタート待ちで
三回も列に並ばされたんですけどね、
ハリーはその間ずっとお利口にしてたんですよ。
常に私の横にぴったり寄り添って座ってたし、
疲れるとその場で勝手にフセして寛いでいたし。
ずっと私に集中もしてくれて、
他の子の匂い嗅ぎにも見て見ぬフリをしてくれてました(涙)

でも頑張ってるハリーが手に取るように分ったので、
買い物もせずタイムが発表され次第会場を出ることにしたんです。
あの時はタイムを見に行ってくれたグレパパ待ちでね、
本当に帰る寸前だったんですよ~!!

でもまあ、これも自分が未熟者ゆえに起こったこと。
相手のせいには出来ないので肝に銘じておこうと思います。


しかしまあ、小雪ちゃんの前でのハリーときたら、
お腹を出してゴロリンちょ~。
せっかく年上男性の魅力を見せ付けてやろうと思ったのに、
あれじゃただの変態オヤジですよ(汗)
小雪ちゃんドン引きだもの~。
次回はお山でたくましいハリーの本来の姿を見てもらわなくっちゃ~!!

うちはダリーが5ヶ月のときドッグランで生涯トラウマになるようなケンカをさせてしまったのを今でも後悔しています。

なのでアニーには犬格形成がしっかりする頃まではドグスポ仲間の良く知った安心な子としか挨拶させませんでした。ダリーの時で懲りたので、正反対に犬同士で遊ぶなんて必要ない、なんて思って本当にオンリードでの挨拶程度しかさせなかったせいか、幸い大きなケンカを経験させたことはないので誰彼かまわずガウルことはないけど、完全に社会化不足。。

で、エナちん、まだまだチビなので、今やっている事が正しいのか正しくないのかはわからないけど、オンリードでの挨拶はアニーの時と同じ。ただいつまでも犬中心の社会化を進めてるだけでは、飼い主とのコミュニケーションが希薄になると思うので、ある程度社会化が進んできたら、そっちをメインにした方がいいような気がしています。なので、ノーリードで遊ばせる時は、必ず呼びが完璧な子と一緒で、呼びが怪しい子同士でなんて絶対にノーリードにはしたくない。ワンコと遊ぶのだけが命になっては後々困るので、、

という考えです。

ちなみに我が家のワンコ達、見知らぬ子とは挨拶させません。相手が挨拶させたそうでも私だけが「こんにちは。」とか言って笑顔でスルーします。(笑)だって、どんな相手かわからないから。
そして、ズンズン来る人にはハッキリお断りするようにしていますよ。断る事、ちっとも恥ずかしいことじゃないと思いますよ。

長くなってしまいました。。
この手の失敗談なら、ダリーはいくらでもあるもので、、(苦笑)

ガンバってね~ハリ助君&グレママさ~ん♪

わ~(*^。^*)うれしい!
グレママさんが私と同じ意見だなんて!
私一人じゃなかったのね~~~~~~~~
シャネルは初めて会う犬で好きな子には
「伏せ」をして相手が来るのを待つ
習性があるんです。
それ以外のワンコには(はずかしながら)
ガウガウです。
3才すぎてからかな?
好き、嫌いがでてきました。
私もあいさつはいらないと思いますし
伸縮リード飼い主は迷惑だなと
おもっています。
とにかくけがなく無事でよかったです。

>ダリーママさん

実はですねぇ、私も既にやっちまってるんです・・・。

ハリーが同じく生後五ヶ月のとき例の以前通っていたドッグランに、
誰もいない時間を狙って初めて連れて行った時のことです。
たった1頭だけいた秋田犬成犬に通りすがりに突然やられました。
ハリーが死ぬかと思い心の中で覚悟したくらいです。

あの時既に私は多きな間違いを起こしていたんです(号泣)
当時何も分ってなかった私は良かれと思ってランに連れて行ったんですが、
今となっては一生後悔することになっしまいました。


そうそう、 それとね、
今まではガウガウする犬を恥ずかしい犬だと思ってたんです。
だからハリーのこともちょっと恥ずかしいと。
そのうちちゃんと学んでいって恥ずかしいのはそう思う飼い主の方だと分りました。

断ること、 ちっとも恥ずかしいことじゃないですよね?
ダリーママさんに言ってもらえるとすっごく勇気が出るし、
ヨッシャ~ッ!!って思います♪
ありがとうございます!!

>シャネルのママさん

ハリーも一丁前に苦手な子いますよ~(笑)
そういう子は私も見てて分るので近づけませんけどね~。

ガウガウってなるのも意思表示ですから仕方ないのかも。
あれ? あたしって何て呑気?
それとも既に開き直り?

それとハリーもフセして待つときありますよ!
本人はワクワクしてるんだけど、
相手の飼い主さんからしたらすごい恐怖だと思うんですよね。
だってダルメシアンにロックオンされるなんてね~。
やっぱ怖いわよ~(汗)


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://graceharry.blog46.fc2.com/tb.php/780-46d5912b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

名カメラマンと迷カメラマン «  | BLOG TOP |  » イヌリンピックに行ったよ

☆グレース☆

GRACE♀

Author:GRACE♀
2006/02/28生の女の子
誰にでも優しくて遊び好きな女の子。実はJKCチャンピオンという隠れた過去を持つ、片眉な姉。

☆引越し前の日記はコチラ☆
 http://grace-harry.blog.so-net.ne.jp/

☆ハリー☆

<ハリー>

Author:HARRY WINSTON♂
2007年7月10日~2020年4月9日。見た目とは裏腹な天然系へっぽこダルメシアン。今は天国在住♪

☆アンディ☆

アンディ

Author:ANDY♂
2012年10月7日生まれのノルウェージャンフォレストキャット。のんびりおっとりのお笑い系貴公子。

☆ルイ☆

ルイ

Author:LOUIS♂
2014年3月5日生まれのベンガルキャット。将来ダルメシアンになるのが夢のおっちょこちょい少年。

☆ロビン☆

ロビン

Author:ROBIN♂
2014年7月3日生まれのノルウェージャンフォレストキャット。グレ家一の呑気な天然ボーイ。

      FC2カウンター

       カレンダー

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

       カテゴリー

      最近の記事

      最近のコメント

       ツイッター

      ハリハリコーナー

にほんブログ村 犬ブログ ダルメシアンへ     

        お友達

このブログをリンクに追加する

        リンク

      メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

    最近のトラックバック

    ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

      RSSフィード